「ヨコミネ式子供が天才になる4つのスイッチ」より

 

1. 子供は競争したがる

2. 子供は真似をしたがる

3. 子供はちょっとだけ難しいことをしたがる

「ひらがなも全部覚えたみたいだから、もうお姉ちゃんになったね。今日は、自分で本を読んでみる。」

簡単な本を与えて自分で読ませる。

読解力を高めるためのメッセージを書く。~4歳児からは漢字交じりで書いてほしい。初めての漢字には必ずふりがなを振ってくれ。

 「だいぶ読めるようになったから、じゃ、声を出さずに読んでみようか。」

作文は、写すことから始める。-子供が楽しめそうな文章を考えて、見本を書いてあげましょう。8字X6行ぐらいの簡単なものがいい

4. 子供は認められたがる。

読んだ本はきちんと記録しておく。

 

ちょっと、お絵書きゲームをしてみようか

数で遊んでみようね。

楽しそうな本があるよ

 

学習時間は読み、書き、計算 20分ずつでいい

「教える」子育てではなく、「学ばせる」

細かいことは気にしないで学習を進める

 

数を覚えたら計算練習に取り込む

まず、足し算ー引き算ー陰山英男先生の「百ます計算」

 

ゲームをやりたい気持ちを逆手にとって「仕事」をさせる

創作者介紹
創作者 mie 的頭像
mie

Live in 北海道

mie 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()